しっかり後先考えて転職することが必要

どうしても気分を一新したいと思い立ってしまい、するといてもたってもいられず、あまり後先も考えずに、辞表を出してしまいました。
自分自身の殻から飛び出したいと考えて、勤めていた職場をやめてしまったのです。
今の自分には何も才能がないから、もっと上を目指そうと思い、その頃には目指す目的があったことから、何の不安も感じずに、やめてすぐの頃には、それまでに働いて貯めていた資金をもとに、資格を取るために専門学校へと通ったりしていたのです。
その後は無事に資格は取れたのですが、仕事を探すためにハローワークに通ったり、会社の面接を受けたりしていましたが、中々その資格を生かした転職先が決まりませんでした。
すると会社に勤めていた頃には感じなかった焦りが出てきて、言葉で言われているわけではないにも関わらず、まだ決まらないのといった、家族からの非難や負い目を感じてしまい、もう何処でもいいから早く決めなくてはと感じるようになってしまいました。
ちゃんと計画的に転職する必要があるのだと、身をもって感じました。